有酸素運動と自覚的運動強度

皆様こんにちは!

平和島駅より徒歩1分にあるPERSONAL TRAINING STUDIO U(スタジオユー)です!
健康な生活を築くためには、有酸素運動などの適度に体を動かすことが欠かせません。
その効果を最大限に引き出すためには、自覚的な運動強度の理解が不可欠となります。
本日は有酸素運動と自覚的運動強度について解説していきます。

運動強度の測定方法

腕を気にする女性
自覚的な運動強度を測る際には、一般的に「話すことができるかどうか」が参考にされます。
軽い運動では会話が楽にでき、中程度な運動ではやや息切れが感じられ、激しい運動ではほとんど話すことができなくなるでしょう。
以下に運動強度の段階を記載していますので、参考にしてみましょう。

・軽い運動:* 会話がしやすく、心拍数は基本的な範囲内。

・中程度な運動:* 会話はできるが息切れを感じ、心拍数がやや上昇。

・激しい運動:* 会話が難しく、心拍数が増加。
特に誰かと一緒に運動をする場合には自覚しやすくなります。

心拍数の利用について

汗を拭く女性
心拍数も運動強度の目安となります。
最大心拍数の60-75%が有酸素運動の効果的な範囲です。
簡易的には、220から年齢を引いた値を最大心拍数とし、それに60-75%を掛けることで目標心拍数が算出できます。

フィードバックと調整は細かく行う

トレーニング中にも自覚的な運動強度を常にチェックし、体調や感覚に合わせて調整し、パーソナルトレーナーなどの専門家との連携も有効です。

自覚的な運動強度の重要性

運動強度を自覚することで、過度な負荷をかけず、かつ効果的な有酸素運動を実施できます。
無理なく続けることが長期的な健康への鍵となるでしょう。
必要に応じてスマートウォッチなどのデバイスで心拍数を測るのも良いでしょう

より有酸素運動を効率的に行うためには

ジャンプする女性
より効率よく有酸素運動を行うためには、「ちょうどいい」負荷であること、心拍数をしっかりと確認し大きな負荷が急激にかからないよう注意しながら有酸素運動を楽しむようにしましょう。
本日のテーマはいかがでしたか?
有酸素運動は心肺機能の向上や脂肪燃焼に効果的ですが、自覚的な運動強度を理解し、適切にコントロールすることが重要です。
安定したペースで継続することで、心地よい運動体験を享受しつつ、健康を促進していきましょう。
公式YouTubeチャンネルはこちらから!
https://p-studio-u-heiwajima.com/

よろしければこちらもフォローお願いします^^

執筆者:murata
プロトレーナーがあなたのお悩みを解決します!
プロトレーナーがあなたのお悩みを解決します!