有酸素運動の脂肪燃焼効率を高める方法

皆様こんにちは!

平和島駅より徒歩1分にあるPERSONAL TRAINING STUDIO U(スタジオユー)です!

有酸素運動は、ダイエットや健康維持など、様々な目的で取り入れられることがあります。

毎日続けるのはなかなか難しいですが、しっかりと習慣化することによって脂肪の燃焼効率をアップさせたり、有酸素運動自体の効果を高めることもできるようになります。

そこで本日は有酸素運動の脂肪燃焼効率を高めるためにできることについてお話をしていきます。

有酸素運動の効果を高めるためにできること

有酸素運動に限らず、体を実際に動かして運動するのであれば、できるだけ効率よくそしてしっかり効果が出るように運動したいと思う方がほとんどだと思います。
有酸素運動の効果を高める方法としては筋トレと合わせて行い、体全体の筋肉量を維持しながら運動をする無理なく長い期間継続することが非常に重要になるでしょう。
いうまでもありませんが、いきなり走り出したりせずに季節に関係なく準備運動をしっかりと行ってから体を動かし始めるようにしましょう。

「ちょっときつい程度」がちょうど良い

階段トレーニングをする女性
有酸素運動によって脂肪を効率的に燃焼させるためには、最大心拍数の40%から60%程度の心拍数を心がけながら行うようにしましょう。

心拍数の40%から60%程度の範囲と言うのがファットバーンゾーンと呼ばれ、運動強度としてはちょっときついなと感じる程度となります。

このちょっときついと感じる強度の運動を、ダイエット目的の方であれば、20分から最大でも40分程度行うと適切な効果を得ることができるでしょう。

効果が出るまでに相応の時間がかかる

有酸素運動を行うことで脂肪は燃焼しますが、痩せたことが見た目でわかるようになるまでは、およそ3ヶ月程度の期間がかかります。

実際運動を1ヵ月程度継続することによって、効果自体は体に現れているのですが、なかなかそれを目視で確認するということは難しいため、じっくりと時間をかけて行う必要があります。

また、有酸素運動は負荷が軽いため、長い時間続きやすいということもありますが、やりすぎてしまうと必要な筋肉まで分解されてしまうため、最大でも1時間程度を目安に無理のない範囲で運動するようにしましょう。

効率よく脂肪を燃焼させる有酸素運動

一言で有酸素運動と言っても、ウォーキングやランニング以外にも様々なものがあります。

同じ有酸素運動をするのであれば、効率よく脂肪を燃焼させることができる種目をやりたいと思う方が多いでしょう。

効率的な有酸素運動として、階段などの起伏のある場所でのランニングや、縄跳び、水泳などが挙げられます。

特に縄跳びの場合は、屋外の狭いスペースであっても行うことができますので、効率の良い脂肪燃焼を目指している方にとって、取り入れるべき物と言えるでしょう。

運動後の食事にも目を向けよう

食事中の女性
最後になりますが、有酸素運動に限らず、運動した直後に炭水化物や脂質の多い食品をとってしまうと、脂肪に変わりやすいため、運動の効果が半減してしまいます。

そのため、運動後にすぐ食事をされる場合には、まずは野菜を食べてから炭水化物や脂肪を取るようにすると脂肪がつきにくくなると言われています。

また、飲み物についても糖分の多いスポーツドリンクは、有酸素運動の直後は控え代わりに牛乳などを飲むと筋力が向上し、脂肪が燃えやすい体になると言われています。
本日のテーマはいかがでしたか?

体脂肪は人によって付け方やつく場所は異なりますが、どのような方であっても脂肪を効率よく落とすためには、有酸素運動が1番適しています。

実家にと有酸素運動の効果を得られるよう、トレーニングの内容と食事の内容を意識しながら、ダイエットやボディーメイクを行ってみてはいかがでしょうか。
公式YouTubeチャンネルはこちらから!
https://p-studio-u-heiwajima.com/

よろしければこちらもフォローお願いします^^

執筆者:murata
プロトレーナーがあなたのお悩みを解決します!
プロトレーナーがあなたのお悩みを解決します!